キャッシング はじめての方へ

借金 ばれない

キャッシングの初心者は、はじめてだけどちゃんと借入ができるかという不安があると思います。

確かに初めてのことですから不安になるのも無理はありません。
しかしキャッシングははじめての初心者は、条件がそろえばそれほど不安にならずとも利用できるのをご存知ですか?
キャッシングには審査がありますが、重要なのは20以上で安定した収入があることと、過去にブラックリストに載ったことがないかという事故情報などがありまっす。ブラックリストに載るのは返済を長く延滞した、借金を返しきれずに債務整理をしたなどの理由があります。
キャッシングがはじめてで初心者はそういった事故情報が当然ありませんので、審査も比較的スムーズかと思います。
初めてのキャッシングであればアコムなどの大手サービスが断然おすすめ。キャッシング初心者にわかりやすいように借入の流れなどを紹介してくれているので、初めてでも安心して申し込めるでしょう。
また初めての利用であれば無利息プランを利用して借入もできるので、お得にお金を借りることができますよ。
アコムやプロミスなどは無利息プランを取り扱っており、キャッシングが初めての利用ということだけで利用可能です。
詳しくは公式サイトを見てみましょう。

キャッシングの申込み手順

キャッシング 初心者

キャッシングの申込み手順に関してです。キャッシングに申し込むなら、PCやスマートフォンを使ってインターネットから申し込みするのが楽で便利です。

消費者金融や銀行によっては、日中に申し込みした場合、最短30分程度で融資が可能かの連絡をもらえることもあります。
夜中に申し込みした場合は、次の営業日の昼くらいまでには、電話が来ることが多いです。融資が不可な場合には、電話ではなくメールや郵送で結果が届くことがほとんどです。1〜2週間程度、かかっても良いなら、インターネットと電話、郵送などで全て完結してしまいます。
契約書類を送ってキャッシング業者から、カードが届いたり口座に入金してもらい、すぐに借入することが可能です。当日や翌日など急いでキャッシングしたい場合には、インターネットから融資可能か判断してもらい、即時融資してもらうという方法もあります。
即時融資してもらう場合は、インターネットで申し込みした後に、融資可能の状態であれば、カード発行機や無人店舗などに出向いて手続きを完了させます。インターネットのキャッシングサイトには、簡易審査の機能もありますので、自分が融資可能かどうかの簡単な判断をしてから申し込みするのも良いでしょう。インターネットから申し込みした後に、在籍確認の電話が掛かってきたら、ほぼ審査に通ったと思っても良いでしょう。

低金利のカードローン

以前はカードローンというととても金利が高かったイメージがありますが、現在のカードローンは比較的金利が低くなっています。
理由としては、改正貸金業法の施行によって、今まではグレーゾーン金利と言われていた20%〜29.2%という範囲の金利が廃止され、利息制限法の金利が適用されることになったため、元本が10万円以下の借入でも金利は20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%と定められています。
また、貸金業者間ではかなり熾烈な顧客獲得争いがあるため、この上限金利よりも低い金利でカードローンを提供しているという会社も大変多くなっています。
経営体力のある大手の貸金業者などでは、借入限度額によって段階的に金利を決定しており、最も高い金利でも18%までかからないケースが多くなってきています。しかし、金利18%というのはやはりまだ高いと感じる人が多いと思います。そこで、さらなる低金利のカードローンはないのかということになると思いますよね。貸金業者に比べると経営体力がさらに高い銀行ノカードローンなどは、とても金利が低いことで有名です。実は貸金業者のカードローンに比べると銀行系のカードローンの方が金利が低くなっています。銀行系のカードローンでも現在では即日融資を実行してくれるところもあります。
低金利なだけに貸金業者よりはやや審査が厳しいとは言われています。

はじめてのキャッシングで特に気をつけること

急を要する事態などの理由により初めてキャッシングを受けるにあたり勝手が分からないため色々と不安に思うことも少なくないのではないでしょうか。

 

そういった方のためにキャッシングで特に気をつけなければいけないことについていくつか紹介してみましょう。まずキャッシングと呼ばれている融資は2種類に大別できます。

1つは融資を行っている業者が発行しているキャッシング専用のカードを使って契約を行うもの

 

2つ目はクレジットカードのサービスの一つであるキャッシングの利用可能枠を使って行うものがあります。

概ね皆さんクレジットカードを所持していると思いますので後者の利用者の方が多いのではないでしょうか。

 

さて実際こういったものを利用して融資の依頼を行うことになりますが基本的には無担保無保証であっけなく借りることができると思います。
借りてしまったら次は返済する義務が出てきますがここで気をつけねばならないことはその支払う方法となります。

 

中でも特に注意が必要なものとしてリボ払いと呼ばれるものがありこれは例えば返済途中に再度借り入れを行い返済する総額が変わっても毎月の返済金額が変動しないものでその分支払い回数は増えます。

つまり回数が増えるということはそれに付随し支払うべき金利も増えるということになってしまい結果最終的に返済する総額は通常の分割払いと比較した場合増えてしまうためによく理解せずリボ払いを選択してしまうと思わぬ損となってしまうことがあります。

 

また業者によってはリボ払いを薦めてくるところもあるため返済方法に関してよく理解しておく必要があるでしょう。

初めてキャッシングを利用したときに注意するポイント

初めてキャッシングを利用したときに注意するポイント初めてキャッシングを利用するという人は不安に感じる点も多いでしょう

どうやって申し込むのか、審査に通るのか、どうやって借入をするのか、すぐに借りられるのか…不安は尽きないものです。キャッシング初心者に覚えておいてほしいのは、借入と返済についてです。この二点を押さえておけば審査に通った後に慌てずに済みます。まず借り入れですが、通常はカードローン専用のカードを使って借入をすることとなります

しかし審査に通ってからすぐに借りたい場合はカードがありませんので、その場合はネットから振り込み依頼をすることができます。ネットからの振り込み依頼はいつでもできます。カードがとどいたら提携しているATMを探しましょう。

提携ATMでカードを使えば借入・返済が自由にできるようになります。初心者はカードを使っての借り入れと返済から慣れていくと良いですよ。

慣れてきたらネットからの借り入れや返済を試してみると良いでしょう。借入に関しては上記に書いた振り込み依頼をして借りることができますし、返済に関しても同様です。どちらもネットから簡単に行えるので、ATMに行く時間がないという人にもおススメです。

借り入れ・返済方法に関しては消費者金融や銀行によって違いがあります。それぞれのホームページに記載されているので、審査に通った後にきちんと確認しておくと安心ですよ。

キャッシングの審査

 

キャッシングの審査を受けてみたいと考えている人は審査の流れをご存知ですか?
キャッシングの審査の流れを知らないまま申し込んでしまうと、次はどんな手順?今って何が行われている?と不安になることが多くなります。
そのため審査を受ける前に審査の流れについて確認しておきましょう。何となくでも知っていれば不安を取り除くことができますよ。

 

まずは申し込みから。

申し込みをすると少し待ち時間となりますが、この待ち時間の間は申し込んだ人の情報を確認する時間です。貸し付け条件を満たしているか、年収は安定しているか、どれくらいの額を希望しているかなどを見ていきます。
この情報の確認が終わったら在籍確認がありますが、在籍確認の前に一度消費者金融側から連絡が入ります。そこで在籍確認をしていいかどうか聞かれますので、どうしても在籍確認は避けたいという理由がない限りはOKしましょう。

 

その後在籍確認をし、確認が取れれば本審査へと移行します。

本審査では審査の合否、審査合格の場合は借入希望額通りの額を貸すかどうかを決めます。審査に通っていれば本審査の後に連絡が入ります。
そしてすぐにお金が必要かなどを聞かれますの、必要な場合はすぐに振り込んでもらいましょう。審査に落ちている場合も連絡をするというところもありますが、後日郵送にて連絡するところもあります。
これがキャッシング審査の流れとなります。受ける会社によって多少違いはありますが、これが基本の流れと思っておきましょう。

20万円借りた場合の利息は

 

お金を借りる際に必須となるのが利息。この利息は無利息キャッシングなどを利用しない限りは必ずついてくるものなので、利息に付いて理解しておくことはとても大切。
特にキャッシングでお金を借りる人や今後借り入れの予定がある人は、利息に付いて正しく知っておくことで自分が毎月どれくらい返済しなければならないのかがわかります。
利息は借入金額や借入期間などによっても変わりますので、他の人と金利が一緒というケースはあまりありません。そのため自分自身の情報を当てはめながら計算して算出するしかないのです。

 

では利息の計算方法を紹介します。

 

借入金額×実質年率÷365×借入期間です。
この計算式に自分の情報を当てはめてみましょう。
実質年率とは%で表示されている金利のこと。
この金利は借入額によって変わるので、こちらもその人によって違います。金利に関しては契約の際に聞くと思うので、契約書などを確認してみましょう。

 

では例として20万円を30日間借りた場合の計算を紹介します。

 

200,000×0.18÷365×30=2959となります。

 

この2959円が一ヵ月に払う利息ということです。

 

実質年率は50〜100万以下の借り入れの場合は18%が適用されるところが多くなっている為、ここでも18%の実質年率で計算しました。

 

銀行で借りる場合はこれよりも低い金利となるため、金利の部分を変えて計算してみてくださいね。

 

キャッシングの返済

キャッシング審査を受けて審査に通ったら晴れて貸し付けの利用をすることが可能となります。ピンチを救ってくれるのでその時は大助かりですが、忘れてはいけないのがその後の返済。

 

返済をしていかなければ延滞料金がどんどんついてしまいますし、借りた会社からの信用もなくなってしまいますので延滞しないように注意しましょう。
キャッシング初心者の人はキャッシングの返済方法をご存知ですか?契約の際に返済方法についても説明があると思いますが、そんなの随分前だから忘れた!なんて人もいるかもしれませんね。

 

キャッシングの返済は専用のカードで行う事がおすすめ。
キャッシングの利用時にカードが送られてきていると思いますが、このカードを提携しているATMで使用すれば借り入れと返済が行えます。

 

そのためカード一枚で利用の全てが行えるというわけです。カードを使用しない場合は指定口座への振り込みという方法もあります。ただこの方法は指定口座を覚えておかなければなりませんし、振込手数料もかかります。

 

そのためあまりお薦めできない方法です。カードを使った返済が一番便利でお得なので、返済はカードから行いましょう。
借りる会社によって返済方法が異なることもありますので、気になる場合はホームページをチェックしてみてくださいね。